ネットビジネスで特商法を理解する必要性

NO IMAGE

せどりや転売ビジネスでは守るべきルール

特商法といえば通信販売をするために守るべきルールとして設けられ、違反をすると罰則規定により処罰を受けます。
せどりや転売ビジネスはスキマ時間でスマホでもでき、仕入れや売却をインターネット上で完結できて便利です。

しかし、相手の顔が見えないため不正行為が多発しやすく、誇大広告で相手を釣って購入させようとする手口が増えています。
利益を出すためには売り値から仕入れ値を差し引いた金額になりますが、小さければ数を増やすことが必要です。

誇大広告はバレると相手の信用を失うことになり、レビューなどで書かれると新規の利用者を失うリスクがあります。
このため、情報は正確に伝え利用者の信用を失うことがないよう責任を持ち、セールスライティングをする際にはうまく使わるように内容を決めることが大事です。

前払い式の場合は返金保証を付けよう

ネットショップで商品を購入してもらうときは前払いにするとすぐに現金が手に入りますが、発送して受け取ったときに不具合があれば返金ができるようにする必要があります。
商品を売るときは強制的に購入させようと訪問や勧誘をすると特商法違反になり、相手の意思を尊重することが大事です。

また、相手の承諾を受けずにメールで広告を提供することは禁止され、押し売りをすれば迷惑行為になります。

商品の支払方法は人それぞれですが、前払いにすると売り手はその場で代金を受け取れますが利用者は確実に商品が届くか不安になるものです。

このため、返金保証を付けると実際に商品が手元に届いてそのまま受け取るか判断でき、不良品を送りつけないよう事前に確かめる必要があります。

お互いに信用できるようにしよう

ネットビジネスでせどりや転売ビジネスをするときはお互いに信用できるようにする必要があり、取引上のルールとして特商法の内容を確かめ守らないといけません。

特商法は販売者の氏名や住所、電話番号、メールアドレスを表示し、誇大広告や勧誘などをしないようにする必要があります。

また、勝手に相手の承諾を受けずに自動的に商品を発送し代金を請求する行為も禁止されているため、売れない場合はほかの買い手を探すことが大事です。

特商法は通信販売の基本ルールとして安心して利用できるように定められ、事前にすべての項目を理解し信用を失わないよう取引を行わないといけません。

信用は売上を伸ばすために必要不可欠になり、特商法を理解して責任を持って取引をすることが望ましいです。